家を新築した時に家族で決めたルール

私には何度も引越し経験がありますが・・・ (女性 43歳)

私には何度も引越し経験がありますが、その都度、次の家は絶対に綺麗に使おうと固く決意します。
しかし、新居に慣れると元の木阿弥の繰り返しです。

家を新築したのは、私と姉が高校生の時でした。
それまで住んでいたマンションを売り払い、近くに小さいながらも庭付きの戸建てを新築しました。
バブル全盛期で、まだ買った家がそれ以上の値で売れた時代でした。

家を新築した時に家族で決めたルールはたくさんありました。
まずは禁煙。喫煙者は父だけでしたので、問答無用で決まったルールです。
そして、玄関に置く靴は1人2足まで、洗濯物は脱ぎ散らかさず必ず洗濯籠に入れる、そして服は必ずハンガーにかける、ソファの上に物を置かない、洗面所は使うたびに綺麗に水滴を拭うなど、やはり家を綺麗に保つためのルールばかりでした。

新築から1年が過ぎる頃までに、破られなかったルールはひとつとしてありませんでした。
祖母も愛煙家だったのですが、家に遊びに来た時に禁煙とは言いづらく、そこからなし崩し的に禁煙ルールも破られるようになりました。
Copyright (C)2017家を新築した時に家族で決めたルール.All rights reserved.